そんな私の言葉たち

その名の通り、現実を受け入れられない腐女子の大学生が、日々思ったことを書いていくだけの日記です。萌え語りはしません。主に書く内容は、悩み、人間関係、思想、本の感想など、全体的に暗くなる予定です(笑)

「京大医学部で教える合理的思考」を読みました。

 

 

 久しぶり、というよりもやっと2回目の本の感想シリーズ更新です(笑)

 

 夏休みで、8月の後半は友達との予定がありません(泣)しかもバイト漬けで、半引きこもりになります。

    しかし、いい機会なので、読み終えてない本を読みます。それがめっちゃあるんですよね(^^;)

 

 それに、いい加減に、論文の先行研究について調べないといけないので、活字や文章を読むこと(書くこと)に慣れるためにも読書をしていきます。

 

 未読の本が積み重なった原因は、本の読み方が私に合っていなかったためだと思います。私は通勤の電車の中でちまちま読んでいたのですが、時間を作って、「何ページは絶対に読む」と決めて読んだ方が、集中して読めるなと気づきました。

 

 それに適した場所がお風呂かなと。私は重度の携帯依存症で、暇があればすぐに携帯を見てしまうのです。感動した一文があったらツイートし、そのままtlを見る…みたいな感じで、集中が持たないんです。でも私の携帯は5sで防水加工はしていないので、お風呂には持っていけず、本に集中できます!だからお風呂でゆっくり読書して、読み終えていきます!

 

 さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、

今回は中山健夫さんの

 

「京大で教える合理的思考」(日本経済新聞出版社

 

を読みました。

 この本は、私たちの身の回りにある情報をもとに、最も合理的に意思決定するためには、どのようにすればいいかをEBM(evidence based medicune=根拠に基づく医療)の考え方に沿って、わかりやすく伝えられています。

 

私が面白いなと思ったのは3点あります。

 

・相対値と絶対値

・因果の逆転

・PECO

 

以上3点です。これらについて書いていきます。

 

 

絶対値と相対値

 「新開発の痛み止め薬を発売。効果は2倍の効果!」このような宣伝文句を見て、皆さんはどう思うでしょうか。私は、よし、買った!って思いました(笑)

 私のようにこの宣伝文句だけで行動に移すまではいかなくても、皆さんも「すごく効く薬が開発された」と思うと思います。

 ではこのように数字で表されたらどうでしょう。

「20人/100人の効き目が40人/100人になった。」

 表現は違えど、言ってる内容は同じです。効果は2倍になったのです。しかし、皆さんはこの表現を見ることで、同じく「2倍」と思うでしょうか。きっと、「2倍」のイメージが変わったことと思います。それどころか、60人/100人は効かないんじゃん!とがっかりした人も少なからずいるでしょう。

 このようにイメージで飛びつくのではなく、「何が2倍になったのか」確認することが肝心だと、筆者は訴えています。

 この薬の場合、有効性が20%から40%になったことを、2倍になったと考えるのか20%増加したと考えるか、いうことです。

 前者の宣伝文句の表現は、「相対値」を切り口にした表現であり、後者は、「絶対値」を切り口にした表現と言えます。

 相対値とはAとBを相対的に比較した数値、別の言い方をすると「比」のことです。この場合、有効性が2倍になったという比較ですね。

 それに対し、絶対値とは全体の数値を考慮して、絶対的に言い切れる数からの比較です。この場合有効性が20%から40%になり、20%増加したという比較です。

 この2つの表現は決して嘘をついていないというのが怖いところです…

 このような数字を使った表現を見て、相対値か絶対値かを考えずにそのまま鵜呑みにすると危険ですね。私は、鵜呑みにしやすいタイプなので、気をつけます(〜〜;)

 

因果の逆転

 原因と結果の両方を決めれないのに、片方の因果関係を誤って強く言ってしまうことを因果の逆転の落とし穴というそうです。

 例えば、友人とちょっとしたことで喧嘩に。それがきっかけで口が効かなくなったとしましょう。そうなった場合、多くの人は

「くだらないことで言い争いしたから(原因)」→「仲が悪くなった(結果)」

と考えてしまいがちです。そして「普段からくだらないことで言い争いしないようにしよう」と心がけるかもしれません。

 しかしもしかしたら因果関係としては違う別の見方もできるかもしれません。

「もとからギクシャクしていたから(原因)」→「くだらないことで言い争いになった(結果)」

という可能性も出てきます。そうすると、ある人との人間関係で「言い争いはしない」という心がけも期待ほどの効果は得られないかもしれません。

 

 この例えを読んだ時、私の生活の中でも起こりうるなと思いました。いや、もう実際に起こっているな。非常に身に覚えがある(^^;)

 因果関係を見つけることは容易ではありません。因果関係を決め付けるのではなく、一つの思い浮かぶ原因を過信せずに「原因の一部に過ぎない」と考える方が、良いかもしれませんね。

 

 

「PECO」(ペコ)

 疑問(仮説)を明確化し、自分の言いたいこと、やりたいことについて頭を整理しようとするとき、役に立つのが「PECO」形式(ペコ・フォーマット)です。

 これは、目下の卒論で最初の難敵、「仮説」を整理するために使える!と思ってため、備忘録としても書き残します。

 PECOは、「人々(people)」「曝露(exposure)」「比較(comparison)」「結果(outcome)」という頭文字からできています。

 PECOの内容は次のとおりです。

 

 

P 「誰を(何を)対象に」

E 「何をしたら」

  (どのような要因を持たせるか)

C 「他の何と比べて」

  (要因を持っていない対照群との比較)

O 「何がどうなっているか」

  (EとCを評価する具体的な指標)

 

 

 これら4つの視点で、仮説を明確化し、検証すれば原因と結果に何らかの関係があることが明らかにできるそうです。

 

 

最後に

 この本が度々訴えているのは、情報は「完璧はない」ということです。いくら科学的に検証されていると言っても、信憑性が100%と言えないのです。

     だから、情報を白か黒かではなく、灰色として捉え、それがどのくらい白に近い灰色か、それともどのくらい黒に近い灰色かを、見極めてそこからどのようにして意思決定につなげていくかが大事であると。そのための合理的な思考であると訴えています。

 

 自分は、情報を一面的に捉えてしまうし、完璧を求める節があります。しかし、完璧や絶対というのはそうありません。だからこそ、いろいろな情報を集め、自分の意思決定に対して、情報を様々な視点で見て、それに筋を通していくことが大切なのだと思いました。

 

 そしてこれが、大学生でやってきたことであり、反省点でもあるなと(笑)

 

 ほとんどの場合が情報不足で、自分の意思決定を誤りました。まずは情報を様々な視点で集めることが大事だと思います。しかし、情報はあくまでも灰色です。インターネットの場合は、嘘の情報が含まれている場合も沢山あります。だから、それを見極めたり、筋を通すことが大切なのだと思います。

 

 この本は意思決定するために灰色の情報をどのように根拠として組み立てていくかのテクニックがちりばめられています。それらのテクニックを使い、合理的に判断できる人間になっていきたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分探し」という呪縛

 

 

 ご無沙汰です。久しぶりにブログを書こうと思います。

 今日は、ショッキングなことがありました。ショッキングというよりも、久しぶりに感情を揺さぶられた今の私にインパクトが強い格言を聞きました。

 

「“自分探し”ではなく“自分なくし”」

 

 鳥肌が立ちました。私はここ最近、プロジェクトに就活と自分を見つめる機会が多くありました。その度に、自分とは何なのか分からなくなる感覚が呼び起こされました。自分とは何なのか。自分とはどんな人間なのか。その度に出てくる答えは、「分からない」でした。この「分からない」では自己PRは書けないじゃないか。だから、「自分探し」がここ最近のテーマでした。

 でも、分からないことに対してだんだんストレスを感じるようになりました。 

 それと違和感もありました。この「21年」という人生経験の中で自分を知るには限界があるのではないかと。何か経験してからじゃないと分からないではないかと。もやもやしていました。

 そんな中でこの言葉。「“”自分探し“ではなく”“自分なくし”」自分という天井、境界線を決めずに、ときめきを大切にして行動しなさい。というメッセージが込められています。そしてこんな格言も聞きました。

 

「意味の呪縛から解放しろ」

 

 私の違和感の答えは意味の呪縛だったんだと思います。今、意味が求められている世界で、最初から意味を問われます。しかし意味はあとから出てきます。経験を積んで、その経験を振り返った時に見えてくるのだと思います。

 スティーブジョブスのいう「コネクティング ザ ドット」とはまさにこれだと思いました。

 点は経験で、線が意味なのではないかと思います。点が多いほど意味が出来てくる。そうジョブスは言いたかったのだと思います。

 

 今日は格言を聞けてスッキリとした気持ちです。もう少し、自分のことを書きたいので、また明日も更新したいと思います。

 では、また明日。

自分のことに気づく就活

お久しぶりです。

元気に就活してます!!

バイトを週1に減らし、授業数も減ったので、とても穏やかな日々を送っています。

今迄は夜12時近くに帰る生活が続いていたので、遅くても夜7時には帰れる生活がこんなに穏やかだとは思いませんでした。かといって何もやる事がない訳ではないので、何もやることがない不安はないです。とても充実しています(^∇^)


  ただ、やはり就活生ですので、就職が決まるかは不安です。漠然とこのまま就職が決まらないんじゃないかと思ってしまいます。


  しかし、就活をする中で気づきもありました。就活とはどういうものなのかという外面的な事と、自分とは何なのかという内面的な事です。今日は特に自分についての気づきを書こうと思います。


  面接をする時、エントリーシートを出す時、必ず自己PRが必要です。

  でも私は自己PRを中々書けないし、言えないです。何故か。大学生活を何事にも中途半端に済ませていたからです。

  私は決して、何もしなかった訳ではありません。特に3年生の時は色んな人に会ったし、色々な所に行って、関わって来ました。

  しかし、何か身についたのかというと微妙です。得意な事もないし、コネクションも作れてないし、スキルもない。あれ?結局自分は何をやって来たんだろうと思う訳です。

  3年生の時の原動力って、「ゼミ生よりも出来る奴になる」「ゼミ生なんかにならない」っていうのが大きかったです。無意識のうちにゼミ生を見下していたんですね。ゼミ生と同じにはなりたくなかったので、外との繋がりを求め、動きました。

  でも、よく考えればゼミ生の事をきちんと見ていないのに、動いていないと決めつける事自体おかしかったですね。ゼミ生はゼミ生なりに頑張っていてそれを後半で気づいてかなり落ち込みました。結局自分は何も身についていないと。

  それに私の原動力は誰かと比べなくてはならなかったので、自分がどうしたいのかという方向性の軸がしっかりしていなかったです。結局自分は何をしたいのだろう、自分は何だろうという問いをいつもしていました。今思い出してもつらたんですw


  まぁ、それを経て何を学んだかというと、やると決めた事を集中して最後までやらなくては身につかない、という事です。

   自分には決めるってことと最後まで(目標を設定してその目標達成まで)やり切るという事が出来てなかったみたいです。だからこんなに中途半端なんだなって思います。

  だから、まずは決めるといことをやっていこうと思います。小さな事でいいと思います。「この時間はこれをやる」という簡単な事でも決めてやっていこうと思います。



  なんだか、自分ダメダメみたいな記事になってしまいましたw

  でも、自分はやってきたし、考えてやり込みました。結果として上手くいかなかったことでも、やってきて学びました。これは紛れもない事実ですから、否定はしないです。

  大切なのは、過去を踏まえてなお前を向くことだと思います。

  それに、人は出来ないと思ったら出来なくなる生き物なので、ポジティブに考えて自分の自己PRをまた改めて探そうと思います。


  今日も頑張りますぞよ!!










「イシューからはじめよ」を読んで

 このブログ説明に本を読んで本の感想を書くと書かれてありますが、ようやくそれを実行できそうです。

 

 「イシューからはじめよ」 安宅和人

 

 この本は、約1年以上前にゼミの課題図書として予告されてあったため買い、その数日後に違う内容の課題図書になってしまい、買ったはいいものの読まず終いに。それから数ヶ月後の去年の12月に、本棚をあさっていたら出てきたので、それからコツコツと読んで、気づけば読み終わるのに4か月近くかかってしまいました 笑

 

 そんな本書なのですが、読んでみての感想は、

 

    「もっと早くに読めばよかった!!!」

 

 その一言に尽きます。

 

 この本の説明を手短にしておきますね。この本は、知的生産を行う際の思考法(方法論というようなハウトゥ本とは違いますがうまく言語化できないです。)の本です。著者が言うには、知的生産をするにはまず「何に答えを出すべきなのか」がはっきりしていないと、仕事の価値ある結果が出てこないのだそうです。その「何に答えを出すべきなのか」はすなわちこの本のタイトルにある「イシュー」です。そのイシューの見極め方やイシューから、そのイシューの結論の伝え方までを「仮説トリブン」「アウトプットトリブン」「メッセージトリブン」という順で書かれている本です。

 

 すごくわかりにくい説明になりましたがご愛嬌です。

 

 

 私は、「社会課題を解決するビジネス案」を作るというプロジェクトを行っていましたが、多くの時間を「何が課題なのか」に取られてしまいました。そしてそれを思惑しすぎると、「結局何を自分たちはやっているのか」という途方もない状況になっていきました。その経験があるので、なるほどこうすればよかったのか!と思いながら読むことができました。

 しかし、本の後半は部分は何となくわからないなと思うところが多かったです。それはやっていって腑に落ちるところなのだと思います。

 私は幸運なことに、「卒論を書く」という機会があるため、そこでこの本の実践をしてみようと思います。

 

 本当はこの本を図でまとめるということまでしたいのですが、それができそうにないので、とりあえずは、いいなと思った文書を引用やまとめをしてみようと思います。完全に自分用の内容ですねw

 

 

バリュー度の高い仕事=解の質とイシュー度の双方が高い領域

シュー度=自分の置かれた局面でこの問題に答えの出す必要性の高さ

解の質=そのイシューに対してどこまで明確に答えを出せているかの度合い

 

相談する相手を持つ

シューを見極めるためには「実際にインパクトがあるか」「説得力あるかたちで検証できるか」「想定する受け手にそれを伝えられるか」という判断が必要になり、ここにはある程度の経験と「見立てる力」が必要である。

強引にでも具体的に仮説を立てるのが肝心

シューに答えを出す

良いイシューの3条件=「本質的な選択肢である」「深い仮説がある」「答えが出せる」

 

解の質を高め、生産性を大きく向上させる作業が、「ストーリーライン」作りとそれに基づく「絵コンテ」作りだ。この2つを合わせて「イシューの分析(イシューアナリスト)」という。これはイシューの構造を明らかにし、その中に含むサブイシューを洗い出すとともに、それに沿った分析のイメージ作りを行う過程だ。

「why」の並び立て

空・雨・傘

 

絵コンテ作りで大切な心構えは「大胆に思い切って描く」ということだ。「どんなデータが取れそうか」ではなく「どんな分析結果が欲しいのかを起点に分析イメージを作る。

 

分析とは比較、すなわち比べること

比較

構成

変化

 

答えを出そうとしている論点を明確に認識し、右なのか左なのか、それに答えを出すのだ。

各サブイシューについて検証する時はフェアな姿勢で検証しなければならない。

回転数とスピードを重視する。

「受け手にとって十分なレベル」を自分の中で理解し、「やりすぎない」ように意識することが大切だ。

 

論理構造を確認する

流れを磨く

エレベータテストに備える

 

シューに沿ったメッセージがある

タテとヨコの広がりがある

サポートがメッセージを支えている

 

こんな感じですかね。本当自分用w

本書のあとがきにも書かれていますが、やっていってイシューがわかっていくものだと思います。だから、私も卒論を書く際に、これらのことを意識しながら、本を片手に頑張っていきたいなと思います!

それではまた!!

 

 

 

 

おそ松さん公式ファンブックを読んで

  遅れながら、おそ松さん公式ファンブックを買いました!!

  本当にいい買い物したなぁって思います!!

  ほぼイラスト集なのですが、巻末には、スタッフの皆さんのインタビューが盛りだくさんで載っていて。私はスタッフさんのインタビューは他の雑誌やネット記事で結構読んでいたつもりでしたが、新しい発見があり、面白かったです。

  キャストの皆さんも、スタッフの皆さんも「いい仕事してるなぁ〜」って思いました。

  うわ!凄い小並感 (笑)

  なんか、おそ松さんの製作の皆さんってチームワークが凄くいいなって思います。みなさんが大変だと言いながらも、楽しいや自由という言葉をおっしゃっています。その様な環境を作るのは本当に凄いなぁと思います。

  前言ってましたが、私自身リーダーという立場に立ってみて、出来なかった事ですからね。

  だから、本当に監督は凄いと思いますし、本当に尊敬します。

  

  おそ松さんのキャストインタビューを読んで感じたのは、キャラと作品の距離感を掴むのが上手いなぁと。

  私は腐女子なので忘れてしまいますが、作品の世界観の中にキャラクターがいるわけで、その環境とキャラクター同士の関係性でキャラクターが動くのだと思います。だから、自分にとっての〇〇はこれだ!!って決めつけてしまうと、作品とキャラクターの乖離が行われてしまうのではないかと思います。だから、あくまでも、要求されて声を吹き込んでいるので、自分の思うキャラクター像と製作側が要求するキャラクター像とのバランスが大事なのかなって思います。

  だからなのか、キャストの皆さんは、キャラクターと友達の様に接しているなと。このキャラはこういうキャラだとか、もっとあなた(キャラ名)の持つ良さは出るでしょうとか、あーなるほどそう言うことしちゃうんだとか。あたかもそのキャラクターが隣にいるかの様に話されるのです。決して、キャラクターが自分の中にいるとかそう言うのではなく、キャラクターが隣にいて、対話している様な印象を受けます。

  あぁ、なんか、人と接する時ってこんな感じなんじゃないかと思いました。

  もちろんアニメは別次元にいますから、自分の行為がキャラクターに影響することはありません。しかし、人が他人を観て、理解しようとする時って、他人基準になって考えているんじゃないかと思うんです。

  つまり、相手の気持ちになって考えてみたり、寄り添ってみたりして相手の事が分かってくるんだと思います。

  これって凄く当たり前なんですけど、最近出来なくなりました。なんか、自分の事しか考えられなくなり、出来なくなってきたので、これを機にちょっと意識してみようかなって思いました。


  今日はこのくらいで…筆がなかなか乗らないです。調子が悪い。結論が私が言いたかった事とズレてる気がしますが、お暇します。


  

  

アウトプットが大切だけど、アウトプットしてない自分がいる。

 どもっす!えー、どれだけこのブログを見てくださっている人がいるのでしょうか(笑)


  もうかれこれ4ヶ月更新していないですね!いや、謎更新を含めると3ヶ月か(笑)


  その間、割と忙しかったんですわ。ホンマに。3つのプロジェクトに掛け持ちしてました。それが全て終わり、落ち着いているので今こうしてブログを書いているのです。まぁ、就活生という事実は置いておきましょう(笑)


  結論から言うと、アウトプットこそが大事だなって実感する日々でした。ある方がおっしゃっていた事なのですが、


「良質なアウトプットからしか、インプットは出来ない」


とおっしゃられて、その通りだととても腑に落ちました。


  授業で習った事も大抵は忘れてしまうけど、自分で調べ、まとめたレポートの内容は嫌に覚えている。それと一緒ですよね。


  だから、その時の事をブログに書くって凄く大事だと思いました。


  今もちらっとこのブログを見直して、あぁ、自分こう思っていたなぁとか、今はちょっと違う考え方をしているなぁとか、読むたびに違う自分を発見出来て、そう言う意味でも、得だなって思いました。


  だから、まだ続けてみようかと思いました。不定期ですが、よろしくお願いします。


  ブログを空けてた4ヶ月に色々感じたので、その事も書けたらと思います。


ではではまた!!

  

自分の価値とは?と考える時こそ憂鬱になる時はない。

最近こう思う。疲れた。

まぁ、3年だし、こう考えるのは普通だと思う。

で、何故憂鬱になるのかと言うと、自分の価値とは何かを探るため、自分がやってきたことを冷静に振り返ってみると


自分が意識高い系だ


と言うことがヒシヒシと痛感するからだ。


意識が高いのではない。意識高い系なのだ。


では、何故自分が意識高い系なのかと思うかというと、考えたり批判したりはしてきたが、肝心の実行があまりにも少なすぎる。

もちろん、自分が全く何もしていないかと言ったらそれは違う。自分も積極的に参加したし、頑張った部分はある。全否定する程自己肯定感が低い訳じゃない。

だが、参加し頑張ったことで結果的に何が残ったのかと言うと、返答に困る。資格を取った訳じゃないし、大きな繋がりを作った訳でも評価された訳でもない。いつも、これで良かったのかとか、あるいは恥ずかしい事だが、人のせいにして批難している自分がいる。


私は多くはないが、それなりに社会人に会い、社会人と話してきた。

その事で感じたのが、面白い人や奇抜な人を欲しがっているのではなく、働きやすい人を欲しがっていると感じた。

(勿論、大前提として結果を出せる人を探していると思う)

働きやすいとは何かと言うと、当たり前だが、コミュニケーションをとる事が出来る人だと思う。

なんとなく社会人の人と呑んでいて、私を見て苦虫を噛む様な、とっつきにくそうな顔をする。

勿論、確認した訳ではないので、ただの被害妄想の可能性は大なのだが、なんとなく自分でも思うことがある。


それは、なんか自分、教科書的なことを言ってるなって。


それは何かと言うと、教科書のように模範的で抽象的な事だ。


社会人の人に話しかけるのは、質問だったり、聞くだけで自分のことはあまり話さない。自分が何をやり、何を思ったのかを言わないのである。

勿論、自分の業績を誇らしげに自慢するという訳ではない。素直に聞かれたら語るだけだ。

でも私は、意図的に自分のことを語ることを拒んでいる。

何故かと言うと、自分は自分のやってきた事を恥じているからだ。だから自分のやった事に対しての評価が低い。汚点だと感じている。だから隠そうとしているのだ。


それを聡い人は察してこう、とっつきにくいと思われているのだと思う。


なんで自分のやってきた事を汚点だと感じているのかと言うと、前言っていたリーダーをした経験で失敗し、良い人間関係の構築に対するコンプレックスがあるのではないかと思う。


今思うと、プロジェクトが失敗した理由は自分だけとは思えないし、システムの作り方にも問題があったとも思っている。


ただ、コンプレックスを素直に受け止め、自分なりに改善しようとしたのならいいのだが、コンプレック

をゼミにぶつけ、ゼミやゼミ生を悪とし、自分のアイデンティティを確立しようとしたのである。

だから、ゼミの先生の言っている事に反感を持ったり、プロジェクトの活動を何処か達観的に見て他人事の様に振舞ってしまったのである。


このゼミが良いゼミかそうでないかは別として私自身、ゼミに良い思いは持っていない。だから、ゼミでやったプロジェクトは私にとって話したい内容じゃない。どうしても否定的になってしまう。


別に無理していい感情を持つ必要はないが、組織に所属している以上、自分の他人事の様に考える事は良くないと思う。


私の言いたい働きやすい人とは、組織の一人として働き、一緒に働きたいと思える人だと思う。


私は組織の一員にも関わらず、他人事として捉えているため、一緒にやろうという肯定的な感情が相手に伝っていないのだ。そして相手は私に悪い印象を持つ。負のスパイラルだ。

つまり、私は協調性のない奴なのだ。正直、自分を客観的にみて一緒に働きたいとは思えない。


勿論、コミュニケーションをとる事だけが良いとは思わない。コミュニケーションは物事が上手くいく要因の一部である。だから正直ゼミ生達の自分達が楽しいならそれでいいと言う様な雰囲気は苦手だ。


だが、自分はそのコミュニケーションにおける重要性の割合が少なすぎたような気がする。


どうせ一緒に仕事をするなら、仲良く楽しくやった方がいい。

その為に、飲み会や雑談がある程度必要だと思った。


私の参加しているプロジェクトの一つに10人のチームのプロジェクトがある。ぶっちゃけ上手くいってない。

その要因は、何をするべきかをリストアップし、どの様に段階を踏むか、手筈を整えていないのが大きいと思うが、チームとしてまとまりがないのも要因だと思う。


だから、ミーティング終わっての雑談は凄く無駄で大嫌いだけど、時々は少しだけ参加してもいいかなって思う。

あと、プロジェクト活動以外にも雑談してみようと思う。



要は試しだ。やってみよう。